便秘の病院ナビ

当サイトは便秘の病院探しをしていただくための病院ナビゲーションサイトです。

 

各地域から選んでいただき、ご自宅の近くにある便秘の病院を探してください。

 

便秘について

 

便秘とは排便が数日間出ない状態で、お腹の張りや、腹痛、腹部の違和感などの症状があります。

 

便秘の定義はいろいろと基準がありますが、基本的には本人が不快に思ったら便秘と考えてよいでしょう。

 

ですので2〜3日間便が出なくても辛くない方は問題ありませんし、毎日でないと不快になるという方は便秘症という症状になります。

 

便秘の治療方法

 

病院で便秘薬の処方

 

一般の病院や内科などに行くとセンナ系の薬(プルゼニドなど)が多く処方されます。

 

これらは一時の便秘を解消するための薬で対症療法にすぎません。

 

便秘の完治を目指すのであればこのような大腸の刺激をするような薬を常にのむことはお勧めすることができません。

 

腸が慣れてしまい、便秘薬が効かなくなる可能性がありますのでご注意ください。

 

酸化マグネシウム系の慣れない便秘薬もありますので、このように常にのんでも安心の便秘薬を専門医の指示で処方してもらうと安心です。

 

酸化マグネシウムの薬も便秘を感全然に直す薬ではないため、生活習慣などで直していくようにしましょう。

 

ドラッグストアの便秘薬

 

病院に行くまで薬局やドラッグストアで手軽に手に入る便秘薬を使う方は多いでしょう。

 

しかしこれらのしようにも注意が必要です。

 

良く売れている商品とすると、「コーラック」などの商品がありますがこれらは大腸の刺激をすることで腸を動かし、便意を催すという薬です。

 

長く毎日のんだり、大量に飲んでしまうと腸の炎症が起こり、刺激にも慣れてしまいコーラックが効かなくなる可能性があります。

 

ひどい便秘の際には、病院に行って専門医の診断を受けることをお勧めいたします。

 

漢方薬局の便秘薬

漢方薬局で調合される便秘薬の多くはダイオウやセンナといった成分の薬がほとんどでしょう。

 

これらも体の慣れが起こり、便秘解消の効果が無くなる可能性があります。 生活習慣や食習慣の改善を第一にすべきでしょう。

 

便秘の運動療法

 

便秘を解消するための運動して良い方法はウォーキングです。

 

歩くことでふともも、ふくらはぎの筋肉が鍛えられるだけでなく、お腹の中のインナーマッスルを鍛えることができます。

 

これらのお腹周り、腰回りの筋肉を鍛えることで、腸を正常の位置に戻すことができ、重力や姿勢が悪いことで起こる大腸下垂を予防することができます。

 

それいがには、腹筋運動をすることをお勧めします。

 

お腹の正面の腹筋を鍛えることで、便の排泄をする際踏ん張る時に使う筋肉を鍛えることができ、短時間の排便を可能にします。

 

腹筋と背筋のバランスを整え良い姿勢で生活することも重要です。

 

便秘方のお腹のマッサージ方法

 

腸をお腹から触ってマッサージをします。

 

腸の四隅に便がたまりやすいので肋骨の下の部分と、下腹部の横の骨盤部分をやさしく揉みほぐしましょう。

 

のの字にお腹をマッサージする方法も良いでしょう。

 

痛くならない程度のマッサージは便意を促進させる効果がありますので、毎朝マッサージをしてみましょう。

 

便秘方の食事療法

 

食物繊維を取りましょう

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維と二種類の繊維質がありますので、バランス良く野菜や果物を食べる必要があります。

 

水を飲みましょう。

朝起きたらすぐに一杯の水を飲んでください。
水を飲むことで腸が動きだし、朝の排便につながります。

 

朝食を食べましょう。

朝ごはんを抜くと、腸の動きが悪くなり朝の排便習慣が付きません。
毎朝トイレにって便が出るというルーティンを体に習慣ずけることが重要です。

 

乳酸菌を取りましょう

腸内環境を整えるための善玉菌を摂取することが、便秘改善の基本です。
ヨーグルト、発酵食品などから取る方法と、乳酸菌サプリや整腸剤を薬として飲む方法があります。

 

便秘の解決には上記の方法を総合的に行い、便を排泄する力をつけることが重要です。

 

本当にひどい場合は自分で解決しないで便秘外来や専門医のいる病院で診察を受けましょう。

 


このページの先頭へ戻る